未経験者可とはいえ…

今までは経験者の方がバイトの採用や再就職に有利なように思えていましたが、最近は「未経験可」と求人の条件に書かれているものを見るようになりました。
でも、実際に未経験者を採用することはどれくらいあるのでしょうか。
募集している側は確かに「未経験でも良い」と考えているのかもしれません。しかし応募者の中に経験者がいた場合、経験者の方を採用したいという気持ちになるのではないでしょうか。
未経験者の方が経験者よりも採用されやすいというのは、かなり少ない事例であるといえます。
また応募者の全てと面接をしてから決める、といったことも少なくなってきました。
まずは履歴書や職務経歴書などから判断して、面接する人間を厳選しているようです。
書類選考が先にあるのであれば、資格や免許、キャリアが少なくても実務では誰にも負けないという気持ちがあってもアピールする機会がありません。
ここでは免許や資格というものが、バイト採用の時にも大きな効力を持っているということに気づかなくてはいけません。
この資格や免許は出来るだけ若い時代に取得しておき、またキャリアを磨くことを怠らないことも必要です。
看護師資格を持っているとバイト探しでも再就職でも問題がなさそうに感じますが、やはり資格は持っていても実務年数が少なかったり、キャリアとしてアピールするポイントが少ないと条件の良いバイト先での採用は難しいかもしれません。
資格や免許は持っているだけでなく、実務で生かすことで意味を持ってきますので、今後どのように自分の生活に必要なものになるか分かりません。ある程度は役に立てる資格・免許に出来るようにその仕事に従事して、仕事の内容などを理解しておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です